気象予報士

  • HOME
  • 気象予報士

お仕事図鑑

73399762_10158196044364271_636544419901734912_n

どんな職業?

気象庁から提供されるさまざまな気象観測データから、独自に天気の予想を行います。 1993年の法改正で、民間でも局地の天気予報を提供できるようになったために誕生した職業です。 天気予報番組や気象解説などで活躍するほか、求められる地点での晴天や荒天を予報し、船の最適航路を予測したり、建設作業時期のアドバイスをしたり、イベントでの弁当・飲料水などの需要も予測します。 国家試験の気象予報士試験に合格し気象庁に登録することが必要。資格取得後、民間の気象会社などへ就職するのが一般的です。

\ こんな人が向いています!/

自然・動物・植物が好き
計算が好き
人の役に立つのが好き

\気象予報士の大人と繋がる/

No posts found!

キャリア講座一覧