ゴールキーパーというポジション
運動・健康・医療

ゴールキーパーというポジション

みなさんお元気していますか?

皆さんに質問です。ゴールキーパーってどんなイメージ???

きっと多くの人がこう答えるでしょう。
「地味なポジション、受け身のポジション」

確かに、ゴールキーパーは本当に特別なポジション。
1人だけ違うユニフォームを着て、
1人だけ手を使えて、
1/11でありながら、孤独と戦い。

孤独と重圧に打ち勝った者だけがピッチに立ち続けることができる。
孤独、重圧、過酷、忍耐、そして単純に痛みを伴うドMなポジションだと思われがち。

でも実はそれって全然違って、
勝手にみんなが作っていったイメージ。
サッカーファン、サッカー指導者、フィールドプレーヤーのみんなもきっとそう思ってる。
サッカーをやったことない人でもきっとそう思ってるはず。

でも!!!僕の感覚ではまったく逆!
もちろんつらい時もある。
自分のミスで試合に負けた夜とかは、もうほんと地獄(笑)
家から出たくないし誰とも会いたくないほど、塞ぎ込みたいこともある。
でもそれは、キーパーだけに限ったことじゃない。
失点や試合の結果に直結するから目立つだけ。

本当は、それよりも楽しいことのほうがはるかに多くあるんだ。

スリリングなシーンも当然やってくるし、スタジアム全体の目が自分のプレーに向けられる。
止めればヒーロー。
味方の選手、サポーターみんなが祈るように見守るPKを止めた時の快感なんかは・・・
もうやめられない。
1対1のような痺れる瞬間、味方を自分の声で動かし統率、連携できた時の充実感・一体感、
監督・コーチ・サポーターから頼られる喜び。

本当に最高です。

そしてゴールキーパーは決して受け身のポジションじゃない。
常にボールを奪うチャンスを狙っていて、相手フォワードに襲いかかる。
すべてを一番後ろで見られて、すべてを自分で決められて指示が出せる。
すべての責任を与えられている。
こんなやりがいのある仕事、なかなかない。

日本では失点シーンばかりが取り上げられるけど、
もっともっとゴールキーパーのスーパーセーブや活躍したシーンを取り上げてほしい。
本当はもっともっと楽しくて、
もっともっと華やかなポジションなんだ!!

日本のゴールキーパーにもこれからたくさんのスター選手が登場して、
世界のトップで活躍する選手が次々と輩出されるGK大国になってほしい。
と僕は思っているので、これから、していきます。

見ててくださいよ~~~!!!

そしてぜひ、未来のある若者には、責任ある仕事を任されてやり遂げられた時の快感を
味わい、日々成長していってほしいな~~と思います!

 

 

報告する

投稿者

野田 恭平
野田 恭平

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
LINE公式アカウントの登録はこちら
LINE公式アカウントへの登録をするとお得な情報が配信されます。