シェフ

お仕事図鑑

3108264_m

どんな職業?

西洋料理のコック長。
シェフになるには、10代のうちからレストランの厨房で働くことが一番です。
調理師専門学校を卒業し、学校の紹介で勤務することもありますが、これぞと思うレストランに募集の有無を確認するのが良いです。
修業時代の給与は少ないのが一般的ですが、独立し自分の店を持つオーナーシェフになれば、店の売り上げによって収入も多くなります。
料理の腕はもちろん、その日の気候や客の好みにあわせた味加減をするなどの細かい気配りも必要です。
計画的にやっていけば、若くしてオーナーシェフになることも可能です。

\ こんな人が向いています!/

食べることが好き
ものづくりが好き
人の役に立つのが好き

\ ヘア&メイクアップアーティストの大人と繋がる/

キャリア講座一覧